年末広報

20181115_1798351.jpg

 

年末広報(社報)18号が刷り上がりました。

歳神札の祀り方、厄年年齢表、忌中にあって神札の扱い、古神札焼納祭・どんど焼き持ち込みについて等などの内容。

来る25日(日)地域の新聞折り込みとなります。


手水を止水

20181114_1797612.jpg

 

一雨毎に寒さが増して来ました。

函館では13日、最低気温が今季初の氷点下になるなど、この冬一番の冷え込みとなった。

 

それ以上の寒さになるのは必然。なので今朝、手水を止水した。

流水させるのは例年3月の末、水をあたえてくれる青龍には、それまで冬籠っていただく。


歳神札袋詰め

 

11月1日、家庭の神棚に祀る新年向けの御神札や歳神札の袋詰め作業を行なった。

奉仕下さったのは、神社総代、敬神婦人会、雅楽会の有志8名。各家庭の幸せや無病息災、豊漁、豊作を願いながらの行い。

当神社での歳神札は12月から神棚のあるご家庭に配布します。

 

20181109_1794266.jpg

 

北海道新聞11月8日(木)渡島檜山版に地域の話題として掲載されました。

 


雅楽・神楽演奏会

昨日、私が所属する雅楽演奏団体「函館楽所」の定期演奏会が行なわれました。

今年の演奏会場は、旧恵山町、現在の函館市尻岸内地区の尻岸内八幡神社社殿(写真)。

 

演目は、第一部 管絃(双調) 舞楽(陵王)、第二部 神楽(松前神楽)

地域の方々に来社していただき盛会裏に終えることが出来ました。

 

20181106_1791835.jpg

 

20181106_1791837.jpg

 

 

 

  


初冠雪

20181031_1786776.jpg

       (今朝30日撮影)

 

昨日、初冠雪した駒ヶ岳です。

駒ヶ岳は見る角度によって山容が変わります。写真(上)は私が住む森町から見る駒ヶ岳。角を立てたような雄々しき姿も、

裏側の大沼では馬の背のような、なだらかな山姿となるんです。

 

090825_131314.jpg

   (夏、大沼から見る駒ヶ岳)


秋深まる

昨日、今日共に、日中の最高気温は11℃。

終日、雨が降ったり止んだりで寒い。それもそのはず今日、駒ヶ岳に、また札幌へ向かう途中の中山峠や、各所の高地に雪が積もった。

 

予報では今週末には秋晴れになるとのこと。そのタイミングでタイヤ交換しなければ。

暗くなるのが早くなるこの時季。神社前や参道入り口の外灯を午後5時に点灯。

一週間ごとに点灯時間を早くしている。

一雨ごとに秋が深まってきています。

 


20181030_1786236.jpg

 

 

 

 


七五三詣り

20181020_1777611.jpg

 

20181020_1777613.jpg

 

七五三詣りの、小のぼりを据えました。

北海道での七五三詣は、10月に行なうのが大方。もちろん11月でも行ないますが。

 

かつての北海道は、本州、各地から移住し開墾の日々。庶民にはハレの日を祝う余裕など無きに等しい時代。

漁業が主産業の地域では閑期などなかったので、七五三を祝う文化そのものが根付かなかった。

 

北海道、道南地方での七五三詣りは、そうそう多くはないと知るが、それは当神社だけのことか。

 

 


秋祭り新嘗祭〜みそぎ神事

一昨日の14日、秋祭り新嘗祭を斎行しました。

今年収穫の農産や海産、水産加工の産品を神前に供え、音楽(雅楽)を献じての祭儀。

社殿内の神事に続き、今後の更なる産業繁栄を願い「みそぎ神事」を7名で行なう。

この秋祭り新嘗祭を以て今年の恒例祭を終える。

 

今後は、年末に向けての御神札調製、各家庭へ訪問する宅神参りの準備をしなければ。

 

 

 

 

 


新嘗祭(にいなめさい)〜懸税(かけちから)

明日、当神社では神社総代に参列して頂き、海の幸、山の幸を御神前に捧げ、神恩に感謝する「秋祭り新嘗祭」併せて、更なる諸産業の発展・海上安全を祈願する「みそぎ神事」が行われます。

当神社で行う「みそぎ」は水を貯めた容器から桶で水をすくって浴びる形で、本年は7名参加の予定。

 

写真の稲穂は、自家食にと耕作をしている篤志の方が、新嘗祭にお供え下さいと奉納してくれたので、懸税(かけちから)として神前に献納します。

稲は命をつなぐ根幹です。新嘗祭に最もふさわしいお供え物の一つと言えます。

 

20181013_1772572.jpg

 

 


秋の味

朝晩、気温が下がってきました。

紅葉が進んで来て、道央では見頃を迎えたとのことです。

我が家では、既に朝晩の小寒いときにはスト−ブを点けていて、一度点けたらもうダメ。点けずにいられなくなります。

 

秋の味覚の一つがサンマ。

今年は昨年より水揚げがあり美味しく頂いております。今朝のス−パ−のチラシでは一尾100円とあります。刺身で良し、焼いて良し、揚げて、ツミレで良し。

 

魚の食べ方の上手な方がいるものです。中骨しか残さないは正に芸術的。

それを越える方がいました。中骨すら残さない全部食べの御仁も。見事。

 

20181006_1766744.jpg

 


 

 


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM