警告板


20190525_1918637.jpg

 

境内の一隅の京蕗が青々と茂って目休めになります。

祖父が植えたもので、漢方にも用いたとのこと。

 

 

20190615_1931564.jpg

 

境内の側道に、一位の樹木を植え替えたときに、蕗の根が混じって年々増えつつある。

 

一昨年頃より、心ない方に引っ張り抜かれます。引っ張られると根があらわになり枯れる原因になります。

むしろ、刃物で茎を切って貰った方が良いんです。その方は、葉をすてて茎を持ち帰る。

 

なので昨日、誠に残念なことですが警告板を立てました。

入り用であれば申し出て下さい。差し上げますから。

 

 

 


境内社

20190613_1930299.jpg

 

20190613_1930301.jpg

 

この度、御神徳がますます発露されるよう、境内社「大國恵美須稲荷神社」の小幟を製作。

 

「大國恵美須稲荷神社(だいこくえびすいなり)に祀る御祭神」

〇大国主神:大己貴神と同神、大国様と親しまれ福徳の神、縁結びの神として知られる。

〇事代主神:大国主神の御子神、恵比寿様といい商業繁栄の神。

〇綿津見神:水を司る神、俗に竜神ともいう海の守護神。

〇猿田彦神:天孫降臨の際、道先案内をした神。航海、交通の守護神。

〇宇迦魂神:稲や食物を司る神。お稲荷様と称する。

 

 


プロとは

過日7日。

当町、赤井川地区の総合レジャ−施設「グリ−ンピヤ大沼」で行なわれた大江裕デイナ−ショ−に行ってきました。

大江裕は、北島三郎を師と仰ぐデビュ−11年になる演歌歌手。

デビ−曲の「のろま大将」や最近は、北山たけしと♪兄弟連歌や♪ブラザ−を歌う。

 

20190610_1928438.jpg

10人座りの円卓が28席、なので、おおよそ280人の来場であった。

当神社からは、私を含め4名の参加。

 

歌に、ト−クの八面六臂。

1人で、来場の280人を満足させる。プロとは斯くあるを改めて感じ入ったデイナ−ショ−でした。

 


夏イカ

20190604_1924498.jpg

6月から今季のスルメイカ漁が解禁された。

松前沖などの日本海側で操業していた漁船が3日未明、函館市の函館港に初水揚げした。漁獲量は昨年と同じくらいとのこと。

 

20190604_1924500.jpg

(6月3日(月)北海道新聞夕刊)

 

20190604_1924502.jpg

昨夜、まだまだ小ぶりながらス−パ−から買ってきて頂きました。

道南地方の定置網で獲れるのが例年7月初旬頃からで、移動販売車がテ−マソングよろしくやってくるのが待ち遠しい。

 

 

 

 


穏やかな朝

20190603_1924092.jpg

 

20190603_1924094.jpg

 

20190603_1924096.jpg

 

快晴の今朝5時に撮った本社と境内社。

チチチと小鳥たちがさえずっている。朝日がシャワ−のように降り注ぐ、その様を見ているだけで浄められるようだ。

 

20190603_1924098.jpg

 

20190603_1924100.jpg

 

日の出が、日ごとに早くなって今日は4時3分。もうすぐ3時台に突入する。

緑が生き生きしていて大地がキラキラと萌えるようだ。

当町、日中の最高気温が23℃くらいになる予想。有意義に過ごさなければ。

 

 

 

 

 

 


新緑 風薫る

20190529_1921349.jpg

 

本州から来客があり、五稜郭や函館の各所、大沼公園、鹿部の間けつ泉を案内した。

風薫るこの季の新緑。緑陽が萌える如しで、駒ヶ岳と大沼がお互いを引きたたせている。絵も言われないとはこのことか。

 

眠っていた山が山笑う春と化し、秋には山が装う。

還駒ヶ岳とは、森町、鹿部、七飯の、駒ヶ岳を取りまく三町を言う。駒ヶ岳は三町を繋ぐカスガイと言える。

 

 


目に青葉

20190525_1918637.jpg

 

境内に植生する「京ぶき」は、初代(祖父)が植えたもの。

それは、当時、ハシカに罹った方の治癒に用いたとのことで、煎じて飲む漢方薬になります。もちろん食すことが出来ます。

 

打ち身のときに患部に湿布する「栃の実」、胃腸の不調時に飲む「黄膚(きはだ)」。他に、火傷したときに用いる山野草などなど。薬用に効能がある山野草が数知れずある。

山岳に修行する行者は、山野草に治癒の効能を識る漢方のエキスパ−トと言える。

 

さて、本日は雲一つない快晴。当町、現在気温21℃で最高気温が24℃になる見込み。

窓を開け放つと、さわやかで柔らかな風が頬をなでる。

小鳥たちはさえずり、木々は胞子をまき散らす。

春は命を繋ぐ季節。

 

この期、寒からず暑からずの道南地方は、今頃が一番良い季節といえる。

 

 


草刈り

20190519_1915043.jpg

 

20190519_1915065.jpg

 

20190519_1915063.jpg

 

小鳥たちが騒がしくさえずっています。

北海道はこれからが良い季節で、まさに山笑う好季到来といったところ。

日脚が延び、それに伴い草が伸びてきたので、本日の午前中4名で実施。

 

次回は、6月30日の午前中を予定している。

今が草の伸びの早い頃。なので、目立つ箇所は1人で行なうことになるだろう。

 

 

 

 


函館護国神社祭

20190513_1911403.jpg

   (12日、直会祭を終えて)

 

去る、10日、11日、12日の三日間、函館護国神社例大祭に奏楽で仕えて来ました。

三日間とも好天に恵まれ、12日の直会祭は半袖の方もいたほどの初夏の陽気。

 

神社向拝で演じた納曽利や松前神楽の面や装束が、陽光に照らされ輝き、さぞや英霊の嘉賞を得たことでしょう。

六月に入ると各神社の例大祭が始まる。

これからの北海道は寒からず暑からずの好季到来です。

 

 

 

 

 


奉祝 天皇陛下即位

20190506_1906788.jpg

 

改元とともに新天皇が即位されました。

即位された五月一日、月首のお参りと共に改元奉告祭を斎行いたしました。

 

普段は閑散としている当神社。

即位に伴う改元とあって、連休中、多くはないものの御朱印を受けられる方が見えられ、何所からと尋ねると随分と遠方の方が。

ちょうど当町の桜まつりと相俟ってお花見にいらっしゃったとのこと。

 

5日、御朱印を求めにいらした方は、静岡から来町したとのこと。

女性の一人旅で空路千歳に、そこから稚内へ行き、森町にも立ち寄る。これから函館や各所への鉄路の旅。

 

ゴ−ルデンウイ−クで平時の比ではない宿泊料のはず。

そのことを含めて尋ねると、そうではあるが見聞を広げることが優る。またお金を貯めて旅をと言う。

ポジテブで、その行動力にただ驚くばかり。

 

 

 


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM