天の矢

朝晩、めっきり涼しくなりました。

虫たちの声とともに秋の夜長を楽しめて、寒からず暑からずの春五月と対を為す好季の当地です。

 

さて、写真の矢は、7月9日に行われた例大祭の神楽舞で放たれた5本のうちの1本が向拝の桁に当たっています。

矢を射るのは、天地四方の禍を祓う様を表現したもので、二人の貴人が「神遊ぶ」神楽舞の演目。

DSC_0837.JPG

 

神楽舞は、例大祭時に社殿内で奉仕神職が奉納するのが通例ではあるが、

向拝下の土間を広くしたので記念大祭の今年始めて行ったもの。

 

多くの参詣者に拝観してもらいたいので、今後は、祭式は殿内で神楽は向拝でと考えてはいます。

 

 

 


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM