予知能力

過日に行った、当神社、創祀130年記念演奏会の記録DVDができあがり、当日を振り返りながら鑑賞した。

ああもすれば、こうもすればの反省点が多々。

 

社殿脇の木立にカラスが居ついていて、その周辺をテリトリ−にしている。

私の姿を見ると近くまで飛んできてある種、威嚇したり様子を覗っている。

 

DVD鑑賞していて気が付いたのは、そのカラスたち。

管絃のときや巫女舞のときには大人しくしていたが、舞楽の抜頭が始まったとたんガ−ガ−と騒がしい。

自分達の止まり木とするすぐ近くで、何やら恐ろしい面を付け赤い装束で舞う様が、カラスたちには恐怖と感じたのか。

 

ガ-ガ-やカ-カ−、カッカッと鳴くはカラスの意思伝達だという。

我が母は、カラス鳴きが悪いので気になるだとか、何かの知らせだろう。と、よく言う。

それは、まったく根拠がないわけではなく、カラスには予知能力があるから。鳥類や魚類、虫たちの様子を鍛練するは災禍の前兆を知ることだと。

 

くだんのカラス達は舞楽に恐ろしさを感じたのか。だとすれば親の仇を討って本懐の喜びを具現したおどろしい舞姿は迫力があったのだろう。

 

 

 

 

 


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM