<< 龍の図 | main | 恋愛成就の箱 >>

なごりの薪スト−ブ

先月の5日に設置し、30日間使用してきた薪スト−ブを今日取り外した。

工作したあとの端材を知人からいただいて、それを燃いてきたがなくなってのこと。

 

顔が火照るような暖かさは石油スト−ブのそれとは違うし、なにより朱の炎がゆらぐ様を見ていると、えも言われぬ至福感に浸り得る。なにか活力がみなぎるような気持ちにさせられる。

 

当地では、薪は火持ちの良さでは広葉樹の楢(なら)の木がいいとされるが、経費や労力などを考えると、薪を購入して燃すに至らずが実情か。

 

我が家は築年数が長く、社務所を兼ねているので開口部が多く、夏は良いが冬寒い。

なので、来年も一ヶ月限定で薪スト−ブを使用しょうかとも考慮しているが、さて。

それには薪を購入しなければならないことではあるがー。

 

DSC_0660.JPG

 デンマ−ク:アンデルセン社製

 

 


スポンサーサイト

  • 2017.03.16 Thursday
  • -
  • 15:35
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM