<< 恋愛成就の箱 | main | すぐそこまで >>

春の気配

  雪割り作業(写真は数年前のもの)

 

この数日、風は寒いが天気が続き随分と春めいて来て徐々に雪が融けてきています

とは言え、夜明け頃の最低気温は−3℃で、日中の最高気温が+3。まだまだ寒い日が続いてはいます。

 

神社屋根からの落雪の両側は日陰部分。なかなか雪解けが進まないので、今日の午後、雪割を実施(写真)。

一度に行うと筋肉痛になるので、数日をかけて数回に分けて行う。

 

DSC_0668.JPG 

    (今日の写真)

 

日当たりの良いところは雪解けが進んでいる(写真)。

5ヶ月の間、 雪に閉ざされ寒さに耐える北に住む者にとって、春は特別な思いがあるんです。

 

冬ごもりと表現するのは、その職種や規模立場、あるいは地域によっては2月、3月の間、仕事が少ないこともある。

だからこそ春を待つ気持ちが強いというもの。

 

春。ようやく暖かくなって山里に色が現われることもさることながら、なにより諸事が稼働するような扉が開かれる気持ちに導いてくれる。

 

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2017.11.14 Tuesday
  • -
  • 16:03
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM