<< 春の気配 | main | 「さいたま」にて >>

すぐそこまで

ときおり寒風が吹き、春を連れ去ろうとするものの、寒風と春風がシノギを削って春風が勝り少しづつ春に向かってはいます。

雪が融けてきて、枯れ草の中から蕗の薹が芽吹いてきている。

芽を踏まないように折らないように注意しながら、雪が解けた箇所から掃除を進めている。

 

DSC_0681.JPG

 

花なら世に出て咲かなければならない。二輪だからこそ色濃く咲けるというもの。

春が来て、また冬が来る。それを繰り返しより強くなるのか。

 

自然に抗うことはできないから、受容れて共生しなければならないということを春が来るたびに自然に教えられること多々。

そんな殊勝なことを思えるのも春が来たからだろう。

 

IMG_20170325_142302.jpg

明後日の28日は大吉。

三歩進んで二歩さがれ。また、三歩進んで二歩さがれとの託宣。一歩ずづ進めということか。


スポンサーサイト

  • 2017.06.18 Sunday
  • -
  • 16:21
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM