<< 綱引き | main | 一雨毎に >>

早春の境内・手水流水

(狛犬の付近に屋根からの雪が残っています)

 

(境内社)大国恵美須神社

 

(神社を背に写した図)

 

(昨秋までは手水舎の裏手に柳の大木があった)

 

(冬季は止水している手水)

 

(ビニ−ルのカ−テンは吹雪からおみくじの濡れを防ぐため)

 

上掲は、3月31日に撮った境内の様子。

例年と違うのは、手水舎の裏に樹齢70年程経つ柳の大木がないこと。

柳の生育と共に在った自分にとって、なにか相違感がなきにしもあらず。何れ時を経れば現のこの景色が当たり前になるだろう。

 

4月3日の昨日、手水を流水させた。

天気予報では道南地方では今後マイナス気温はないとのことで。

当神社の手水は、龍が人を感じ自動で流水します。お参りされるときは手や口を水で清め、神社へお進みください。

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2017.04.24 Monday
  • -
  • 06:22
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM