<< 冬枯れの日々 | main | 霊芝 >>

見台・保温器

100114_085450.jpg

見台の奉納がありました(写真)。
昨年の12月13日に、函館を拠点とする日本舞踊の花泉流宗家家元・花泉舞衛先生が函館市文化団体協議会による「白鳳章」を受章したに因み祝賀会を行った際、舞衛先生が謝辞と舞を披露。その舞に三人のご子息が囃子方を務めた折、この見台が用いられていました。

楚々として凜とした佇まいのこの見台を拝見している私の様子や出所を伺ったことなどを感じて下さったのでしょうか。
その2・3日後、祝賀会に出席していただいたとの御礼の電話をいただいた折、件の見台、入り用であれば贈呈するので気長に待って、とのことでした。

昨日、その見台が届き、開けてビックリです三台も贈っていただきました。すべて手作りで、持ち運びが簡便なように分解できる手間の込んだもの。
宗家・花泉流二第家元・花泉舞徳先生の御主人の手作り奉納とのことで、よけいに嬉しく感じ入っているところです。

花泉先生とお弟子さん、そして社中の皆さんが、教えるものと教わるものとの気持ちが通いあい、ますます光り輝く歌泉流であらんことを願うばかり。

手作りといえば昨年、楽友会員の葛西さんが笙の保温器を奉納してくれました。
これはクッキングマ−カ−と言うヨ−グルトや温泉玉子、それに果実酒をつくれる料理器具を用いたもの。
このクッキング器を改良し、和装用の小間物入れ風につくったのがこの保温器。
祭員と楽員をかけ持つときなどはとても便利で、重宝しています。

響雅楽会は花泉流を手本として感銘を与えられる雅楽吹奏をと、見台や保温器を据え気持ちを新たにしています。

100114_142732.jpg

スポンサーサイト

  • 2017.08.15 Tuesday
  • -
  • 19:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM