初宮詣で

12日、初宮詣のお式をご奉仕申し上げました。

お子様たちの成長や健康、そしてご貴家の平安を祈念申し上げます。

 

1486968423029.jpg

 

1487024506116.jpg

 

1486968502284.jpg

獅子は人に取り付く邪気を食べて取り除くといいます。お母さんは厄年ですのでお獅子さんで頭噛みしました。

 


冬ごもり

当町では、2月3日の節分までに厄祓いを受ける習慣があるが、近年は節分が過ぎても希に申し込みがある。

今年は、2月4日が土曜日、5日が日曜日だったので厄祓いの申し込みがあった。

しかしその後は今のところ何もなし。

 

色のない外を眺めていると自問自答すること多々。

為すべき事は種々ある。

薪スト−ブの炎を眺めて構想を練ってはいるが。

 

IMG_20170209_125617.jpg


薪スト−ブ

DSC_0660.JPG

昨日、薪スト−ブを取り付け、さっそく焚いてみた。

パチパチと木がはぜる音や、木が燃えるときの匂い。鋳物製のスト−ブの耐熱ガラスから見える炎はアクテブ感そのもの。

 

我が家は、リビングを兼ねた事務室に据えたが、こういったスト−ブは、レンガを積んだ置き場に据える演出があれば言うことがないのですが。

 

数年のあいだ未使用であったが、昨秋、工作を趣味にする方から端材をいただいていたので、焚き始めた。

たしかに手間がかかり部屋が汚れるが、それを超える愉しみを与えてくれる。

体の芯から温まる。顔が火照る。

 

取り付けた昨日、そして今日の当地はこの時期としては暖気なんです。

せっかく薪スト−ブにしたのに・・。

 

 

 


節分

今朝7時の当町気温−7℃でした。

夜明け前頃が最低気温になるので、ちょうど布団から出る頃。起きるのに気合いがはいります。

 

近年、とみに御髪(おぐしと読んで下さい)が薄くなった小生。

頭が寒くて無意識に布団を引っ張って、逆に足がでてしまうので屈まって寝ていることもしばしば。

寒冷地仕様の住宅では各部屋の温度が一定ですから、このようなことはありません。

我が家は築35年、寒冷地仕様なしの家。こんなもんと慣れてきてはいます。

 

この時季。楽しみは温泉。

自動車で15分位の所に、ちゃぷりん舘という温泉施設があります。

冬期間は暇しているのでなるべく行くようにしている。

体が温まりぐっすり眠れるんです。

 

 

DSC_0659.JPG

 

「わんこ」のつぶやき・・・

 

宮司さんの代わりはいないんだよ、あんまり呑みすぎないようにしなくちゃ−。

この頃、ますますお腹が出てきたようだよ。

雪かき雪はねは運動不足解消とはならないので、食べ過ぎ呑みすぎに注意だよ。

 

 

 

 

 


数え歳

IMG_20170131_114806.jpg

 

IMG_20170131_145305.jpg

神社で厄祓いや、年祝いを受けるときは数え歳で行うのが一般的です。

「満年齢」は誕生日ごとに一歳年を加えますが、「数え歳」は新年を迎えるごとに年を加えます。

厄祓いを誕生日まで待ってから受ける方がいらっしゃいますが、新年を迎えることで数え歳の年齢になります。

                              (青森県神社庁「お宮の暦」から引用)


道内 急冷

道内の内陸部を中心に厳しい冷え込みとなった。

4地点で−30℃超え。上川管内の占冠では、−32.8℃を記録したとか。

当地でも−7℃で今冬最低気温ではあったが、占冠に比べたら寒いなどといわれない、ゥ−ンでも寒い。

 

足下はツルツル、日当たりの良いところでは屋根の庇にツララができて危険きわまりない。

 

DSC_0663.JPG

 

 


雪との格闘

DSC_0658.JPG

 

DSC_0660.JPG

 

DSC_0659.JPG

 

DSC_0662.JPG

 

IMG_20170119_134530.jpg

   (平成29年1月19日午前)

 

朝起きてビックリ。

深夜からの風雪で、今冬一番の大雪です。

吹き溜まりや建物への着雪が今回の特徴。

手に負えず、とりあえず人が歩るけるくらいを除雪。

 

無理をすると腰を痛めてしまうので徐々に広げて行こうと、いったん中断した。

しばらくしたらタイヤショベルが来てくれたので、今回は境内や参道部分の除排雪も行った。

建物や工作物の近くは人力でバケツ部分へ投げ入れる作業を手伝う。

今になって腰が痛い。


鳥たちの会話

DSC_0659.JPG

 

 (金色の鳥)  昨日までは随分シバレたけど、今日は暖かいな。

 (グレ−の鳥)そうだね。でもマイナス気温だよ。

 (金色の鳥)  あの寒さを経験したからゼンゼン楽勝だよ。

 

 (グレ−の鳥)なんかエンジン音が聞こえるね。

   (金色の鳥)  宮司さんが除雪機で雪を飛ばしているんだよ。

                     タイヤショーベルが来たようだ。

 

 (グレ−の鳥) 正月の三が日がすんだらお参りの人が来ないね。

                      どんど焼きまでの宮司さんは外のお参りで忙しそうだったけれど、

                      この頃はそうでもなさそうだね。

                      いつまでも若くはないんだから、ペース配分を考えるといいのにね。

 

----以上、1月15日の鳥たちの会話です------

 

 

 

 

 

 


断続的な吹雪

IMG_20170115_122750.jpg

 

IMG_20170115_122707.jpg

 

今朝起きたら約20センチくらいの降雪。

昨日後刻からの吹雪まじりの降雪で、当町や道内のみならず日本海側各地で降雪が。

 

今日は日曜なので、タイヤショベル所有会社の除雪は来てくれないだろうと思い、2時間かけて雪はねる。

終えてしばらくすると件の会社タイヤショーベルが来てくれ除雪(写真)。

 

日曜日で大安の今日。

厄払いのお参りがあつて自動車の駐車スペ−スが確保でき有り難いかぎり。

雪と格闘の日々です。

 

 


寒気襲来

DSC_0653.JPG

 

DSC_0654.JPG

 

DSC_0652.JPG

  (掲載の写真は今朝のもの)

 

一昨日、昨日と同様で今日も寒かった。

時々射し込む日差しに、光が雪に反射してキラキラ輝いている。

それもつかの間で、いままた吹雪いてきて粉雪が舞い上がり視界をさえぎる。

 

今朝の道央や道東地方では−20℃を超えた地域もある。

占冠では−29・2℃、陸別28℃を記録した。夢さえ凍るような寒さとはこのことか。

でも、そこに住む人たちは、その寒さを享受してシバレをとかす心意気をもって、たくましく暮らしている。

 

本州に住み、このブログを覗いて下さる方は、北海道はとんでもない所と思われるかもしれませんね。

たしかに寒いところではあるが、家の中は暖房が行き届いているし、四季がハッキリしていて一年のリズムを謳歌できる良いところです。

楽しみのメニユ−が豊富な北海道へお越し下さい。

 

 

 

 

 


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM